2019年度 日本放射光学会 国際活動支援奨学金 募集要項

2019年5月
1.趣旨

   放射光科学分野の将来を担う若手研究者の育成支援を目的とし、放射光科学に関わる研究を行っている大学院生が国際的な研究活動を行うための援助として、日本放射光学会が定める国際学会や関連セミナーに研究発表または参加する大学院生に対して奨学金を支給する。

2.応募資格

   我が国の大学の大学院に在籍している日本放射光学会会員(学生会員)。ただし、重複受給ができない学生を除く。

3.対象とする学会・セミナー

   3rd AOFSRR School (2019年11月3日~9日、 台湾NSRRC)

4.奨学金の種類
種 類 支給額(一律)
奨学金A 70,000円 *1
奨学金B 70,000円 + 参加費 (850USD)
*1 参加費は主催者が負担
5.応募書類

   書類は全て電子データとし、電子メール添付の形で提出すること。なお、応募書類から取得した個人情報は、審査の目的以外には利用しない。

   (1) 国際活動支援奨学金 応募申請書 様式sc-1

   (2) 発表または参加の受理通知書(電子メールのコピーなど)

6.応募締め切り

   2019年7月1日(月)必着

7.応募書類提出先・問い合わせ先

   日本放射光学会事務局
   E-mail:jssrrjssrr.jp (@が画像になっておりますので送信の際は@をご入力下さい。)

8.受給者の決定および通知

   応募者の活動内容、将来性、研究内容などの観点から、日本放射光学会が設ける選考委員会において審査の上、受給者を決定し、申請者へ結果を通知するとともに、日本放射光学会ホームページ等で氏名と所属を公開する。

9.活動後の提出書類

   活動の終了後、1ヶ月以内に、下記の書類を電子メール添付の形で提出すること。

   (1) 国際活動支援奨学金 活動報告書 様式sc-2

   (2) 活動したことを証明する書類(下記の中から1点)

       ・発表または参加の証明書

       ・航空賃の明細および領収書

       ・航空機搭乗券半券のコピー

       ・出入国日が分かるパスポートコピー

   なお、受給者の一覧(氏名と所属)を日本放射光学会総会で公表する。また、日本放射光学会誌「放射光」に滞在記事などの執筆を依頼することがある。